出稼ぎ嬢必見!写メ面接で注意すべき5項目+5個のトラブル防止策

役立つ情報

 

みなさん、こんにちは。

高収入アドバイザーのやまちゃんです。

 

今回は、出稼ぎでは必須事項の写メ面接に関する記事です。

最近では、写メ面接の時点で体重を少なく申告していたり、写メを加工していて、現地に着いてからトラブルになるケースが増えています。

こういうトラブルは誰も得をしませんし、条件が下がったり、最悪のケースは現地について不採用になることもあります。

こういうトラブルにならない為にも、写メ面接のあれこれを説明していきます。

 

写メ面接とは?

写メ面接は主に出稼ぎの際に活用します。

出稼ぎは自分の住んでる場所の近くではなく、遠くの地域に行くことが多いです。

その際に現地まで面接に行ってから、合否を確認するという手間がかからないように、写メールでお店のスタッフが合否を判断するシステムです。

 

写メは顔だけでなく全身も必要

風俗で働く上でスタイルもすごく重要になってきます。

顔だけでの写メでは、スタイルを判断することができません。

ですので、写メを送る際は、顔がはっきりわかる写メ+ボディーラインがわかる写メを送るようにしてください。

 

プロフィール情報も必須です。

写メだけでは情報がすくないので、自分のプロフィールも必要です。

簡単にまとめると、

・お名前
・生年月日
・出発地
・身長・体重・スリーサイズ
・身分証
・希望日程・希望業種・希望保証
・NGプレイ・NG地域・NG店舗
・タトゥーや傷の有無・ペットの同行

などの項目が必要になってきます。

顔写メ+ボディーラインの写メ+プロフィールで1セットになります。

この情報を元にお店の担当者が合否を判断をします。

 

写メ面接のNG項目

no-68481_640

 

写メ面接の際は、いくつか気を付ける点があります。

お店の担当者は写メとプロフィールを元に保証や条件などを決めていきます。

冒頭でも伝えたように実際の情報と違うとなれば、条件が悪くなるケースや最悪の場合は現地で不採用になるケースもあります。

こういうケースを未然に防ぐ為に、NGなケースを説明していきます。

 

プリクラやパネル写真はNG

プリクラやパネル写真は、修正や加工が入ってるケースがほとんどです。

その為、実際の人物と多少異なる場合があります。

ですので、プリクラやパネル写真では条件の判断が出来ません。

 

加工アプリも当然ダメです

たまにスノウなどの加工アプリで送ってくる方がいます。

加工アプリも当然判断はできません。

 

盛りすぎた写メはNG

極端に上目遣いだったり、ウインクをしている、一部のパーツを隠すなどの写メは控えてください。

全身の写メもくびれを修正して送ってくる方がたまにいますが絶対にダメです。

盛った写メにしても、現地でお店のスタッフと対面すれば普通にばれます。

 

タトゥーや傷がある場合は写メを送る

お店によってはタトゥーNGや、ワンポイントならOKなどの規定があります。

前もって送っておけば、何も問題はありません。

しかし、タトゥーがあるのにそれを隠して行き、出稼ぎ先のお店がタトゥーNGのお店ならそのまま働けないということもあります。

 

プロフィール詐称も絶対にダメ!

体重詐称は危険です

体重2キロくらい軽くしておこっ♪』←こういうのは絶対にやめましょう。

お店によっては2キロの体重オーバーで保証減額になります。

最近では体重計で測定するお店も増えてきています。

少し前なら多少ならごまかせていましたが、詐称対策しているお店が増えているので詐称してもいいことありません。

身分証はきちんと持って行きましょう

プロフィールで記載した身分証は必ず現地に持参してください。

お店の方は、プロフィール情報に書いてある身分証で採用をしています。

それが無いとなると、働けない可能性が高くなります。

 

やまちゃん
身分証の有効期限が切れていないか要チェック!

 

写メ面接のトラブル例

応募する女性側が原因で起こるトラブルをいくつかご紹介します。

 

条件が下がったケース

体重をごまかしていたり、送った写メと髪色が全然違うと条件の見直しの対象になります。

タトゥー・リストカットなどの傷や妊娠線などがある場合も前もって伝えておくことでトラブル防止になります。

 

現地で保証減額or不採用になったケース

写メを盛り過ぎていたり、スタイル写真を加工していたりして、本人と全然違う場合は不採用になる場合があります。

保証7万から5万円に下がるなどの、減額対象にもなりますので修正や加工はやめましょう。

 

詐欺写メ絶対NG!!

自分のことを少しでも良く写して、『条件を良くしたい』という気持ちはわかります。

しかし、写メを盛ってしまうと、お店の担当者は盛った写メで条件を決めます。

盛った写メと実物が違ってしまえば、お店の担当者は困ってしまいます。

写メ面接の情報と実物が違えば、条件が変わったり不採用になってしまうのは当然なんです。

こういうトラブルを避ける為にも、詐欺写メやプロフィール詐称はNGです。

 

やまちゃん
現地に行って不採用になったらお金も時間も無駄やで!

 

理想の写メの撮り方

smartphone-1445448_640

顔写メ

正面からのアングルで顔全体が写るように撮りましょう。

変にポーズはせずに、少し笑顔くらいの写メが理想です。

詐欺写メを撮る概念は持たずに、今の自分と変わりない写メでお願いします。

2枚~3枚あればお店の方も安心です。

 

全身写メ

全身写メはスタイルを確認するのにとても大切です。

下着姿でしっかり全身がわかるように撮ってください。

もちろん顔は隠して大丈夫です。

 

その他タトゥーなどの写メ

タトゥーや傷がある方は、その部分の写メも必要です。

『このタトゥーは小さいし大丈夫でしょ』

と安易に考えてはダメです。

大丈夫のお店なら問題ありませんが、厳しいお店だと不採用も十分ありえます。

 

出稼ぎ以外でも写メ面接できます。

最近では、出稼ぎではなく在籍店舗の応募でも、写メ面接を対応しているお店は多いです。

在籍店舗を探しているけど、何店舗も面接に足を運ぶのは疲れる!という方は写メ面接の応募がオススメです。

写メ面接は短時間で何店舗にも応募できるので、応募したお店の中で合いそうなお店を選ぶことができます。

 

盛り写メを利用する悪徳スカウト多発中

悪徳スカウトの被害報告の相談が最近増えています。

そんな悪徳スカウトのやり口をお伝えします。

 

盛った写メを要求してくる

盛った写メをお店に送り、条件を釣り上げするのが手口です。

最初の段階では、盛ってる写メは条件が良くなりやすいです。

 

プロフィール情報を改ざん

女性側のプロフィールを勝手に編集して、体重を減らしたりするクソスカウトもいます。

これも当然トラブルの原因になります。

 

現地トラブルは知らんぷり

盛った写メを送っているので、現地に行けば当然条件の見直しになります。

悪徳スカウトの目的は、

出稼ぎ先に行かすこと

なので、出稼ぎに行ってしまえば後の事は知らんぷりです。

こういうトラブルが多発していますので、悪徳スカウトは利用しない、盛った写メは送らないようにしておいて下さい。

 

今日のまとめ

今回は写メ面接に関して説明しました。

少しでも条件を良くしようと思い、詐欺写メやプロフィール詐称は絶対にやめましょう。

条件が下がったり不採用になったりと損しかありません。

自分に合ったお店に行くことで条件は良くなります。

最近は稼げない出稼ぎ店が増えてきているので、お店選びすごく重要になってきます。

お店探しにお困りのお嬢は、いつでもやまちゃんにご連絡ください。

貴女に合うお店を選び、しっかり条件交渉もしていきます。

こちらの記事も要チェック⇒出稼ぎ風俗で保証割れ続出!?稼げないお店が増えている2つの理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました